夫婦の悩みのバランス

 
生きている限り、悩みはつきないものです。

夫も妻も悩むことがあるのですが、妻はたまに悩んでいても、一晩寝たら翌朝には結構ケロっとしています。
曰く、その日はさすがに色々と考えることはあるけれど、いつまでも悩んでいてもしょうがないし、前を向いて過ごした方が建設的だということです。
それどころか数日たつと悩みそのものを覚えていないようです。

夫は一旦悩みだすと、深く深くはまりこんでしまい、あれやこれやと解決策を探してうんうん唸り、しまいには出口は無いものと思考が完全に後ろ向きになり、固まってしまいます。

物事を悪い方へ悪い方へ考えてしまう性格なので、必要以上に問題を心の中で大きくしてしまい、ほとんど起きる可能性のない大きなハードルを心の中で勝手に作ってしまい、さらに悩みを深くするという悪循環にはまってしまいます。

見かねた妻は夫の悩みを聞きだし、
「何でそんなことで悩む必要があるんだ?夫が心配していることなんて100%起こらないよ。何も気にする必要がない。大丈夫大丈夫」
と、何も悩むに値しないと夫を励まします。

妻の励ましで心が軽くなり、一人ではおそらくさらに深みへはまっていくであろう悩みが何でもないことと思えるようになります。
イメージ的には夫が心に勝手に作ったハードルを、妻がガシャンガシャンと蹴散らしていくような感じです。
感謝は尽きません。

夫と妻の悩み方はかなりの両極端なのですが、それはバランスとしては果たしてよいのだろうかと思ったのでした。

 

読んでいただきありがとうございました。
ポチッとしていただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
4コマ漫画 にほんブログ村


4コマ ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。