ソーセージ、ハム、ベーコンは高級イメージ?

 
我が家では、ソーセージやハム、ベーコンは高級品というイメージがあります。

それはもはや値段とは関係なく、小市民的に生きてきた二人にとってぬぐいがたい固まったイメージなのでしょう。

妻はよく夫の大好物である目玉焼きを作ってくれるのですが、目玉焼きの付け合せであるベーコンは一人1枚は使わずに、細かく切って二人分にします。
そして、ソーセージは一人最大2本まで。

夫の分は卵を2つ使用してくれており、付け合せの量にも特に不満は無いのですが、ソーセージはたまにはもう少し多くてもよいのではないかと思い、妻に
「たまにはソーセージを4本くらい入れてほしいな~」
と言ってみると、妻はすぐさま却下し、
「ぜいたくだよ。恐れ多いよ。10年早いよ」
と完全に否定されました。

10年以上待たなくてはならないのか・・と思うと同時に、確かにぜいたくだなと、いつも通り小市民的に考えるのでした。

 

読んでいただきありがとうございました。
ポチッとしていただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
二人暮らし にほんブログ村


夫婦二人暮らし ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。