日記

久し振りに妻のいない休日

コロナ禍ということもあり、休日はほとんどずっと妻と一緒に過ごしていました。 しかし、ある週末に、妻が用事があって出かけることになりました。 いったいいつぶりか、すぐに思い出せないほどですが、 出かけるのであれば仕方ありません。 ...
老化との戦い

中年は頭を切り替えられない

コンビニコーヒーは美味しいですよね。 とても好きなので平日は毎日のように飲んでいます。 冬の間はもちろんホットコーヒーを飲んでおり、 最近までずっとホットでした。 そろそろ暑くなってきたので、今日からホットはやめてアイス...
日記

晩酌をシンプルおつまみと共に

緊急事態宣言も長引き、外でお酒を飲むこともできません。 そうなると、自然と家で飲むことになります。 だいたい缶ビール1本をそのまま飲んでいたのですが、 何もつままずに素ビールというのも味気なく思えてきました。 しかし、油っこ...
日記

着るタイミングが無い薄手のスーツの上着

近年は、四季をあまり感じず、暑いか寒いかのどちらかのような年が多い気がします。 寒い冬から少しあったかくなったかと思ったら すぐに夏の暑さになり、そして秋をほとんど感じることなく冬になる。 以前はもう少し春秋が長かった気がしま...

絡まるイヤホンで焦る妻

ある休日、カフェで二人でお茶をしていました。 二時を少し過ぎたところで妻が 「あっ!しまった!」と慌てだしました。 何事かと思ったら、二時から始まるオンラインセミナーに 申し込んでいたというのです。 すでにセミナーは開...

強引に紅茶を詰め込む妻

ある日妻が紅茶のティーバッグを箱から容器に移し替えていました。 いつも50~100個入っている紅茶を買ってくるのですが、 簡単に出せるように容器に移し替えているのです。 そして容器に紅茶がいっぱいになったのですが、 まだ箱に...
社会

コロナ禍で継続して意識していること

気付けばWithコロナの生活も1年以上が経ちました。 当初はこれほど長く続くとは思っていませんでしたが、 終息の気配もなく、新たな変異種が次々に発見されて ワクチン供給の目途もたたない状況で、いつ果てるとも分からない雰囲気です。 ...
日記

いつまでも花の名前を覚えない

この季節になると、近所の沿道の木に奇麗な花が咲きます。 妻と散歩をしていると、自然に目に入り良い保養になっています。 しかし、二人ともこの花の名前を知りません。 奇麗だねーと言いつつ、 なんていう花だっけと聞くと、はて、何だ...
日記

春の急な通り雨も二人ならまた楽し

ある日、妻と散歩に出かけている時に、急に雲行きが怪しくなってきました。 天気予報では一日中晴れだったはずですが、黒い雲がどよどよと 今にも降り出しそうな雰囲気です。 そうこうしているうちに、やはりぽつぽつと振り出したかと思った...
ちょっかい

マスク着用で変わるちょっかい

ほっぺをしゃしゃしゃっとこする しょうもないちょっかいをいつも掛けられています。 それは外出時でもおかまいなしだったのですが、 外出時にマスク着用となってからは外ではされなくなりました。 それが妻には若干不満だったようなので...

なぜか反応しない妻の体温測定

新型コロナはまだまだ猛威を奮い、元の生活に戻れる感じはありません。 飲食店に入る時も、アルコール消毒、体温測定は 疑問を感じない当たり前のことになりました。 ある寒い日に妻と二人で飲食店に入り、そこでも当然 アルコール消毒を...

配信用ライトのサイズはご注意を

妻はオンラインで仕事をすることが多くなりました。 打ち合わせなどでZOOMを使うことも多いのですが、 その時に自分の映像が少し他の人よりも暗いことが気になっていました。 部屋の明かりだけではどうも薄暗くなってしまうようなので、...
日記

突然臨界点を迎える天然パーマ

若い時から髪質が変わり、モコモコになりました。 天然パーマはいろいろつらいのですが、 床屋のタイミングも油断できません。 ある程度髪が伸びてきて、そろそろ床屋に行こうかと思っている時に 妻に聞いてみると、 「まだ行かなくて...
日記

悪夢の中で救いを求める

寝ていると、たまに悪夢を見ることがあります。 仕事などでストレスが重なり、疲れがたまっている時に多い気がします。 熟睡もできず、疲れも取れず、体にいいことはありません。 寝惚けていても体は負の状態から抜け出そうとしているのか、...
日記

必ず忘れるバスタオル

いつもは妻が先に風呂に入ります。 その時に、干してある二人分のバスタオルを 妻が脱衣所に持っていくのがルーチンになっています。 しかしたまには夫が先に風呂に入ることがありますが、 その時には100%といっていい確率でバスタオルを...
タイトルとURLをコピーしました