紅茶を淹れる 逆ちょっかい

 
いつもは妻が夫にちょっかいをかけることが多いのですが、たまには夫も反撃します。

例えば、のどが渇いた時に紅茶を淹れようとした時のこと。
「のどが渇いたから紅茶でも淹れるね」と妻に言い、妻は「わーい」と喜びます。

しかし、「妻の分は無しね」と言い残し、電気ポットに向かいます。
「なんでだ!?」と妻は悲しそうな顔でこちらを見ています。

もちろん妻の分を淹れないなどということはなく、ちゃんと妻の分の紅茶も淹れてあげ、妻は今度こそ「わーい」と喜びます。
ちゃんと自分の分も淹れることを最初から妻は分かっているので、お約束のような意味のないやりとりではありますが、少しは普段の反撃が出来たと思うのでした。

本日で平成も終わりですね。
令和も良い時代でありますように。

 

読んでいただきありがとうございました。
ポチッとしていただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
4コマ漫画 にほんブログ村


4コマ ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。