夏のバリスタは固まる

 
家でコーヒーを飲むときは、バリスタを使っています。

手軽においしいコーヒーが飲めるので重宝しているのですが、しばらく使わなかったり湿気が多かったりすると、コーヒーの粉がバキバキに固まってしまい、コーヒーを淹れても薄すぎてお湯のような出来になってしまいます。
特に夏は湿気で固まってしまうことが多くあります。

こうなってしまうといくら淹れても駄目なので、いったん容器を外し、長めの箸でガンガン突いて固まったコーヒーを砕いていきます。

ある程度砕いて、塊がほとんど無くなると、容器を上下左右に激しく振り、さらに細かくしていきます。
くたくたになるまで振り続け、やっとの思いで元のサラサラの粉になると、ようやくおいしいコーヒーを淹れることが出来るのです。

さっさと湿気対策でもすればいいのですが、そのうちそのうちと思っているうちにまたバキバキに固まってしまい、容器振りに精を出す破目になるのでした。

 

過去記事もどうぞ→ サイトマップはこちら

読んでいただきありがとうございました。
ポチッとしていただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
4コマ漫画 にほんブログ村


4コマ ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。